中学生向けの学習塾には、多数の生徒を同じ教室に集めて指導する旧来タイプの学習塾と、マンツーマンもしくは1~2名程度の少人数で授業をする個別指導塾があります。個々の生徒に合わせて授業が受けられたり、部活動との両立がしやすいという理由で近年では個別型の塾の人気が高まりつつあります。しかし、全ての生徒が個別型の学習塾に向いているとは限りません。旧来タイプの学習塾の方が向いている生徒もいます。

ここでは個別型の学習塾に向いていないタイプについて解説します。まず、負けん気が強く競争心が強い生徒です。個別指導塾の指導は基本マンツーマンですので、周りに他の中学生がいません。そのため負けん気が強く他の生徒と競争することによって成績を伸ばすことが出来るタイプの子供は、個別型に向いていません。

このようなタイプの子供は集団型の塾の方が向いているといえます。次に、学校の成績がオール5を取っているような生徒は、個別型の塾には向いていません。個別型の塾でも、進学校である高校への入試対策を行っている塾もありますが、一般的には学校の授業の補完を目的としている塾が多いのが実情です。従って、学校の成績が優秀な生徒にとっては、個別指導塾は物足りなく感じるでしょう。

最後に、他の生徒がいても、先生にものおじすることなく質問できる中学生もわざわざ、個別型を選ばなくても集団型を選べばよいでしょう。このように塾選びには子供の性格に合わせて選ぶ必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です