中学生を個別指導塾に入れるメリットは、複数あります。まず、当人の学力や学習ペースにあわせてカリキュラムをつくって実践してくれる点です。中学生を指導する個別指導塾では、入塾時のテストや過去の学校の試験の結果を分析し、それに合うカリキュラムをもとに指導を行う形式が一般的となっています。集団指導では学力によるクラス分けは無く、生徒の学習ペースはほとんど考慮されることはありませんが、個別指導塾の中学生ではそのようなことは無く、担当講師からきめ細やかに指導をうけることができます。

集団指導塾にありがちな、授業についていけなくなるような事態が起こる可能性は低いです。クラブ活動に積極的に取り組んでいる中学生は、個別指導塾だとスケジュール調整をしやすくなります。集団指導塾は、まるで学校の授業のように曜日や時間、科目が決まっており、その時間にあわせてスケジュールをたてる必要があります。時間を変えて欲しいという要望は、当然のことながら通りません。

これに対して、個別指導ではクラブ活動やその他の活動に関わる重要なイベントがある場合、スタッフに相談をすれば別の時間に指導を受けさせることができます。もちろん、受験対策に必要な最新の情報が手に入る点など、学習塾全体が持つメリットは個別指導タイプの学習塾にもあります。性格などの問題で集団指導タイプの塾が馴染めそうにないと考えている場合は、家庭教師だけでなく個別指導の塾も検討してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です