勉強を行う際の学習方法にはいくつかのものがあります。一つは自分で本を読みながら理解を深めていくという方法です。この方法はお金もかからずできる方法なのですが、一箇所わからないところがあるとその先に進めないというようなことがあります。そのようなことから、授業を受けて勉強するということが出てくるわけです。

学校教育では、このようなことを実践しているわけですが、多くの生徒をいちどきに教えなければならないという制約があります。このような画一的な学習では、個人個人の特質についての配慮はなかなかできません。説明の仕方についても、先生が行う説明ではわからないという生徒もいるわけです。このような学校教育についていけないという生徒が発生してくるのは、中学生になったくらいからです。

それは中学校において、授業内容も進み方も小学校とは大きく変わってきます。そのために落ちこぼれた中学生というのもたくさん出ます。このような状況から、多くの中学生が塾に通うということになります。塾には大きくわけて二つのタイプがあります。

一つは学校の授業と同様に、多くの学生に一時に指導を行うというものです。主に学校で行った授業の復習を行うことになりますが、塾にはもう一つのタイプのものもあります。個別指導塾と呼ばれるこの塾では、生徒一人に対し講師が一人で指導を行うことになります。このような教育体制から、個別指導塾では生徒の理解度にあった指導という事が可能となってきます。

このような個別指導塾のメリットから、現在では数多くの所で開設されるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です