中学生の心はガラスのように繊細です。体は大人になる準備で声が変わったり、ひげが生え、体に丸みを帯びるなど顕著な変化が現れます。その反面心はまだ子供のままで追い付かず、反抗期もあって心が傷つきやすく不安定であるのは間違いありません。このような精神が安定しない時期に、高校受験を迎えることになります。

全国模試やテストなども頻繁に学校で行われるようになり、自分のランキングが発表され、偏差値も知らされてその悪さに心が砕け、ショックのあまり自信を喪失する中学生も珍しくないんです。自信を喪失しそれを回復するのは難しいことです。親が励ましたり、勉強を促しても反抗期で聞く耳も持ちません。そこでおすすめしたいのは個別指導塾を利用する事なのです。

個別指導塾では偏差値やテストのランキングに関係なく、自分のペースで勉強することが出来るんです。講師のワンツーマンの指導であって、ダイレクトにほめてもらうことも多くなります。ほめられることで承認欲求が満たされ、勉強する喜びや達成感を感じられるようになっていきます。個別指導塾では自分のペースで勉強できるので、自分の汚わい部分を補講するため何年もさかのぼって中一レベルから学習し直しをすることも可能です。

こうした基礎固めをしておくと、応用もきくようになり、偏差値の高い高校受験も志望できるようになっていくわけです。もし勉強が嫌いになったり、自信を無くした中学生は個別指導塾を検討してみるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です