中学生をもつ親御さんは、子供が塾に通う時期やどこの塾にするか迷う人もいるでしょう。塾選びで特に大事なポイントは、部活動と子供の受験、学校での成績や子供の学習意欲など総合的に判断することです。住宅街に住んでいる家庭であれば、個人で経営している塾や集団塾が多く存在している地域もあるでしょう。個別指導塾は、子供と先生が2から3人対1の構造になっています。

個別指導塾の良い点は、子供が理解できないところはわかりやすく時間をかけて先生に教えてもらうことができることです。集団塾は先生が大勢の生徒に教える形なので、質問があってもなかなかできないことも多く、授業が終わってから個人的に聞く生徒も多いです。その場合、多くの生徒が質問に行くので時間がかかることもあります。部活動を引退してから2年生の後半になると、高校受験に向けて塾に通う生徒も多くなります。

個別指導塾がどのような生徒に向いているかというと、不得意な分野を徹底的に克服したい人や点数がとれなくて悩んでいる教科がある場合は、個別指導塾で先生に指導してもらうことで、短期間で成績が上がる可能性も高いです。多くの場合は、中学生になると高校受験に向けて個別指導塾に通う生徒がほとんどです。集団塾や個人で経営している塾に通うのも良いですが、どうしても入りたい高校、将来の夢がある人は合格のために個別型に通うのが良いです。中学生は部活で忙しい時期もあるので、早めに受験対策は立てておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です