小学生の頃から、塾に通っているお子さんもいるかもしれません。その場合は、偏差値の高い学校への入学を希望しているかと思われます。しかし、大抵の場合は中学生になってから塾に通い始めることが多いです。もっと早いうちに受験を経験しているお子さんもいるはずですが、やはり高校受験がお子さんにとって初めての挑戦になります。

しかも小学校の頃に比べると勉強の内容が格段に難しくなって、理解することができなくなるかもしれません。それだけではなく中学生は部活がありますし、他に習い事をしている可能性があります。高校受験があるからといって、勉強だけに集中できる訳ではないです。部活や習い事もしているなら、そちらにも力を入れることになります。

特に部活は毎日練習があって、なかなか休めない場合も少なくないです。運動部などは土日に大会がありますし、練習試合などもよく行われています。こうした問題が出てくるので、勉強に集中できる時間を確保することが重要です。授業中は眠くなってしまうという生徒さんも少なくないのですが、個別指導塾に行けば問題ありません。

個別指導塾は、先生と2人だけで勉強することになります。学校では分からない部分があったとしても、他の生徒さんのことを気にして質問することができない場合があります。中学生向けの個別指導塾に行くとその場ですぐに質問することができて、わからない部分も納得できるはずです。このようなメリットがあるので、是非通ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です